口内炎ができる仕組みと治療法



アフタ性口内炎

 

 

アフタ性口内炎は、前述の通り口内炎の中でも最も多くみられる口内炎となっています。そのため単純にアフタとも呼ばれており、これの症状としては、口の中に円形や楕円形の潰瘍ができます。その表面は、白色や黄色がかった白色で、周囲は赤い状態となり、潰瘍の中央は少しくぼんでまるでクレーターのような形になります。

 

アフタ性口内炎ができるのは口の中だけではなく、頬の内側や、舌、歯ぐきなど、至る所にできるのが特徴で、一度に何個もの潰瘍ができて、痛みも伴います。直るには1週間~2週間程度かかりますが、やっかいなのが定期的に繰り返すことで、これを再発性アフタ性口内炎といいます。

 

アフタ性口内炎ができる原因としては、口の中に傷を作ってしまった時以外にも、ストレスや疲労で体力が低下した時、栄養不足、などが挙げられます。体力が低下すると雑菌がたくさんいる口腔内の免疫力も並行して低下するので、炎症を起こしやすくなり、更にはビタミンB群やビタミンCが不足していても口内炎になりやすくなります。

 

ビタミン剤やサプリメントを摂取することは、予防に有効とされています。この口内炎はベーチェット病による口内炎の症状に似ており、自分で判断することは危険で、医師の診断を仰いだ方がいいでしょう。

 

特に口内炎を繰り返し起こす場合などは注意が必要です。予防としては、口の中を清潔に保ち、傷をつけないように注意することが大切です。他と同様に入れ歯や矯正器具が口腔内粘膜に接触するなどの場合は、歯科に相談して改善してもらいましょう。又、ストレスや疲れを蓄積しないよう、規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事も重要です。